ただの事業担当者から見た世界

某私立大学理工学部→生体工学研究室→通信系研究所→通信インフラ会社(←いまここ)思ったことを徒然に書いていこう。

就活を終えて

結構早い時に就活終わってましたが
そろそろ隠す必要がないかなって思い
ブログ再開と共に
就職先が決まりましたよというご報告

結論から言えば,ほぼ納得している結果なので満足です.
来年からはこれまでと同じように研究に身を捧げる事になります
ただ研究をしてお金を貰える
意外と小さい頃にこんな生活をしたいなぁというものにマッチしてるかな

これまでどんな「しゅーかつ」をしていたかまとめ
特に軸とかは定めていなかったが
1.がっつり働いてがっつり稼ぐ
2.やりたいことやってそこそこ稼ぐ
この2つで最終的に後者をとりました.

どんな感じで進めていたのか時系列にまとめてみた

12月
説明会がちょこちょこはじまる.
自身の中に行きたい企業をリストアップし片っ端から説明会に参加
ちなみに合同説明会には1回しか行ってないが
恐らく行くだけ意味はない
まだまだ研究してるから研究の合間に就活という感じ

1月
9月にインターンに来ないか?と誘ってくれた企業から
選考免除するからインターン来ないか?と話を頂いた
色々な経験を積むために参加してみた
結論から言えばかなり勉強になったし友達もできた

2月
ESのラッシュが見えてくる
直前になって焦るタイプなため,わかっている企業はとりあえず書き始める
実際自分のESを他人に見てもらうということはあまりしなかったが
通過率はそこそこ
この時,内定先の1次面接をやって通過連絡をもらったが次の面接は4月に入ってからと言われ
1ヶ月のブランクにちょっと戸惑った.←ただ倫理憲章的な問題ですね

3月
早い企業では選考が始まってる
webテスト,面接,筆記試験・・・
5時間耐久筆記試験ってのもあったがなんとかなる
後半になってインターン行った企業から
「憲章の問題で内定とは言えないが,私どもとしては一緒に働きたい」
と一個目もらい気がかなり楽になった
リク面というものを結構やったが,毎回毎回美味しい物食べさせてくれるから
申し訳無く思った
多分,リク面でおやつ時に「かつサンド+杏仁小倉パフェ+紅茶=3500」食べたのは周りにいないと思う.
なんでも頼んでいいというのでお構いなく・・・

4月
1週目に入り面接ラッシュ
早い段階で第一志望群の合格をいくつか頂いたため就活終わり

感想としては,結構あっさりと終わってしまったため
苦労は他の人と比べてしていないという自覚はある
ただ面接・ESで毎回フィードバックをもらうようにしていたため
今就活している人,来年から就活する人へのアドバイスになるかと

就職先の決め手
良い返事をもらった企業は区別すると3種類
・がっつり働きがっつり貰う,仕事内容もかっこいい
・まぁあぁ働きそこそこ貰う,ただ将来性がいまいち
・やりたいことやってそこそこ貰う←内定先

はっきり言ってどれもいい面悪い面があるが
どこ行っても楽しめる確信はあった
しかし,最終的な決め手は「稼ぐためのしごとはしたくない」
という事で1社について内定を受諾しました.

評価されてた点
・表情がとてもよい(喜怒哀楽が自然に出る)
・媚びへつらうわけでもなく対等に議論する
・自分のやりたいこと,なしたい将来が明確である
・大学生活を通して行動と結果が明確になっている物が多く評価しやすい(笑)
・問いに対しての回答が迅速かつ適確で知性を感じられた

ESに対する評価
・誤字脱字が目立つw
・文章構成がハッキリしていて何が述べたいのかわかりやすかった

まぁ,いい点しか言われないのでアレなので
落ちた企業からもらった評価として一番多かったのは
・内定を出しても恐らく来てくれないから
でした.
後は,いいか悪いか別にして
・私が働けそうなポジションは当社にはない
です

そういう,フィードバックもらうには外資系が結構してくれました
ESで落ちたトコもあってそこはフィードバックをもらうことができないので
少し残念な気がします.