ただの事業担当者から見た世界

某私立大学理工学部→生体工学研究室→通信系研究所→通信インフラ会社(←いまここ)思ったことを徒然に書いていこう。

研修と初任給

4月が3週目過ぎました
私の会社は実務研修が長く地方で研修する人も多いです
比較的短い私の場合でも4ヶ月の実務研修があり
今は京都で研修を行なってます

基本的には事業内容をざっくりざっくり見て回る感じです
私は,本社の研究部門採用ですが
研修はグループの営業や技術と共にやります
趣旨として稼ぐ部門の現状を知って
現場とのネットワークを構築する
らしいです

研修において研究部門の人は絶滅危惧種の比率で
若干のお客様扱いでちょっとだけ申し訳なく
肩身が狭い感じです

ともあれ,初任給が入りました
知ってはいたもの・・・
少ないですね(;´∀`)
最も焦る出来事としては学生の時の最後の散財のせいで
初任給の3分の2が1週間後にカード決済で消失してしまうことです
初任給で両親に何かしらしようと思っていたが
出処は初任給ではなく
6月の給料になってしまいそうです

他にも,生命保険や貯蓄,奨学金の返済など
お金の部分は考えることがとても多いのですが
まだ何も考えられていません
考えることを考えている段階です

あとでお金の事についてのエントリーを少ししようかなと思います
では,明日の会社のためにおやすみなさい