ただの事業担当者から見た世界

某私立大学理工学部→生体工学研究室→通信系研究所→通信インフラ会社(←いまここ)思ったことを徒然に書いていこう。

思ったこと

巨人の肩に乗れない人たち

研究所時代にいくつかの開発案件に携わった 幸運なことに所謂大規模開発にも2件携わることができた 両方とも開発規模も大きく、さらに先進的技術を盛り込むという意味で難易度も高かった その時はソフトウエア工学を駆使した開発管理手法や リスク管理、経験…

誰のための仕事か

7月に突然辞令が出て 研究所から事業部門へ異動し新規事業系の業務を行っています。 新規事業系は人が少なく体系化されていないため 裁量が解釈の仕方で大きく(権限があいまい)そこそこ面白い だが、その新規事業であったり特にサービスを考える部分は ま…

アルゴリズムが世界を支配する

アルゴリズムリズムが世界を支配する は非常に面白いと思いながら、とても怖くなるもなる本でした。 アルゴリズムというとても簡単な概念 とても難解で創造に富む技術がどのように成り立っていき アルゴリズムによって世界がどのように変わっていったのか を…