ただの事業担当者から見た世界

某私立大学理工学部→生体工学研究室→通信系研究所→通信インフラ会社(←いまここ)思ったことを徒然に書いていこう。

絶望的なデザインのサービスをデザインしている

デザインシンキングがようやく市民権を得てきて 下記のようなブログもtwitterで話題になってきている (追記あり) 日本の家電の「絶望的な使いづらさ」について | coardware かく言う自分は、現在事業担当者として いくつかのサービスのシステム主管をしてお…

「やったほうがいい」悪魔

時流の流れによって漏れなく弊社においても 名前だけの働き方改革が流行っている 異動してから非常に気になることがある。 「やったほうがいい」 この単語の意味だ。 様々な業務において、何をすべきかを定義することが必要であると思う なぜならば質を求め…

デザインってなんだろう

結構、重大な局面で 「君の思うデザインてなに?」 という問いがかけられたことからデザインについて半日考えていた。 その場では 「コンセプトを具現化する設計図」 と回答した。 でも、今になったらそれは本当にそうなんだろうかと考える。 デザインという…

巨人の肩に乗れない人たち

研究所時代にいくつかの開発案件に携わった 幸運なことに所謂大規模開発にも2件携わることができた 両方とも開発規模も大きく、さらに先進的技術を盛り込むという意味で難易度も高かった その時はソフトウエア工学を駆使した開発管理手法や リスク管理、経験…

誰のための仕事か

7月に突然辞令が出て 研究所から事業部門へ異動し新規事業系の業務を行っています。 新規事業系は人が少なく体系化されていないため 裁量が解釈の仕方で大きく(権限があいまい)そこそこ面白い だが、その新規事業であったり特にサービスを考える部分は ま…

何もない日に休む

働きすぎて休むのを忘れていた人です。 嘘です働きすぎてはいません ただ、休むのを忘れていただけです そんなことで 今日は、年休消化を兼ねて 特に何もないけど会社を休みました 土日に休むのと違って とても新鮮。 なんでかな?って思って考えてみた (そ…

セキュリティは儲からないか(1)

昨今、マイナンバー制度を始め様々なICTが制度に取り込まれつつあるなか 情報セキュリティーが注目されている。 筆者自身、セキュリティの研究者という側面もあるので雑感 弊社は情報セキュリティに対して活発に研究開発の投資を行っている 一方、現場からす…

ゼロからイチ

最近ピーターティル著 「Zero to One」を読んだ。 細かい内容はググればたくさん出てくるから こことかはふがふがって感じでわかる。 とは言っても、やっぱり本書を読まないとわからないことはたくさんあるので是非みんなに読んでほしい。 さてさて、職業柄…

アルゴリズムが世界を支配する

アルゴリズムリズムが世界を支配する は非常に面白いと思いながら、とても怖くなるもなる本でした。 アルゴリズムというとても簡単な概念 とても難解で創造に富む技術がどのように成り立っていき アルゴリズムによって世界がどのように変わっていったのか を…

blogger から はてぶに移行しました

ちょい前から不便を感じていたbloggerから脱出して はてぶへ移行しました。 5年ぐらい前に 7年ぐらい前にlivedoorブログで初めて 4年前に全てを捨て去りbloggerに移動し 今度ははてぶに移動です 移行には Bloggerからはてなに移行方法 エクスポート・イン…

思考のショートカット

私は常識という言葉が嫌いです。その理由は2つあって非合理的な常識暴力としての常識今回は1だけについて考えた。昔からなぜなぜくんだった私はいつしか科学者になりたいという野望を抱いて(今はなんちゃって研究者)何かの本に書いてあったが「常識を疑…

組織再編されることに思うこと

私が所属する組織が再編することになった。よくも悪くも4月から環境が変わる。苦手な人も、そうでない人もいろいろ思うことはあるけどそんな組織がガラガラポンすることに合わせて。組織を組織図から変える理由は何があるのかなと考えた時。1.組織が実態…

先が見えるつまらなさ

先が見えない不安と先が見えるつまらなさすごく矛盾しているようでやはりよくあることなのかな他人には,特に気にかけている人には安定して堅実な道を歩んで欲しいとおもうものだけどいざ自分のことになると先が見えるということが不満で仕方がないことに気…

「つまらなくなったな」

先日,大学時代にお世話になった恩師と久しぶりに食事をしました.最近こんな仕事をしてて,こんなこと思っているなど近況報告していると「きみ,つまらなくなったな」と,とても残念そうな顔をして言われました.確かに,自覚がある.学生時代ではなんだか…

学生支援機構第一種奨学金の免除について

ふと思ったので学生支援機構第一種奨学金の免除についてのエントリー学生支援機構には第一種(無利子)と第二種(有利子)の貸与型奨学金があります.奨学金なのに何故貸与?とか思ったりもしますが・・・かく言う私はこの第一種奨学金にお世話になり.学生…

研修と初任給

4月が3週目過ぎました私の会社は実務研修が長く地方で研修する人も多いです比較的短い私の場合でも4ヶ月の実務研修があり今は京都で研修を行なってます基本的には事業内容をざっくりざっくり見て回る感じです私は,本社の研究部門採用ですが研修はグループの…

学生生活終わります

先日,学位審査会がありまして修士(工学)の学位が認められました生まれてこの方学生しかしてこなかったのですが来年から社会人ですですが今度はお金もらって研究します大学生活は本当に色々ありましたアニメにハマった1年生サークルの責任者でうつ病にな…

修論に追い詰められた気がして,雪をみたよ

最近は修論で忙しい(はず)まぁ,ほとんどやる気がでないんですがね久しぶりに雪が降ったのでテンション上がりました出身県ではほとんど雪が降らないのでたかがこのくらいの雪で安いものです.その珍しさってのもあるけど,雪って好きなんですよね特に誰も…

2012年の振り返りと2013年の抱負

あけましておめでとうございます.2012年は私にとってなかなか激動であり勉強させられる事が多い1年でした.それは自分のキャリアやスキル的な意味では無く(それに関しては皆無w)人間性という意味でかなり大きな物です.そのために今年の後半は特にありとあ…

2012衆院選挙後を勝手に予想してみた

選挙の投票日が明日ですね前回の参議院選の時は投票できましたが今回はできません不在者投票制度ってあるけど利用者のことなんぞ何も考えてないんだろなと思いますとさておき今回は色々な政党(政治団体含む)があります個人的な信条はさておき選挙後の枠組…

戦術と戦略 〜就活について〜

12月に入って就活生が慌ただしくなってきましたね早速今年もリク○ビがサーバダウンさたとか知り合いの就活サイトもDDoSかと思ったと見紛うほどのサイトの賑わいみたいです.今回のエントリーのを一言で言えば「戦術も重要だけど,戦略も大事だよ!」ともあれ…

出来るリーダを考えてみた(4年前)

以前の livedoor blog を利用している時に書いたコンテンツを再掲してみる.当時はサークルの代表になる時で中2っぽく組織とは何かとか,リーダとは何かとかそういう事を自分なりに考えてた時期今から考えればまだまだ若かった思考だけど大学2年にしてはそ…

環境ビジネスは難しい

最近めっきりブログ更新を滞っていました忙しいというわけでもなくなんとなくヤル気が出なかったのですいくつかのエントリーを書いてはお蔵入りにして未公開エントリーが10件超えるという公開するのはある程度の完成度(今までもあるかわからないけど)が自…

国内学会に挑む

久しぶりにエントリーします.昨年の国際会議に行った記事が結構いつまでもロングビューされていることに驚いています.学部・修士の学生は国際会議より国内学会の方が行く事も多いと思い私自身も国内学会の用事があるのでそれについてエントリーします.ぶ…

食料問題を考える「食糧危機にどう備えるか/柴田明夫」(書評)

最近,よく本を読むようになったのでせっかくならという事で書評的なものを書こうかと思う今回はこれ食糧危機にどう備えるか-求められる日本農業の大転換 著)柴田明夫「このまま世界人口が増えていけばかならず地球の限界に行き当たり世界的な食糧危機が発生…

安心とお金

久しぶりに日々の徒然を書いてみる先日,親しくしている人の携帯の機種変更するためにd○c○m○ sh○pへ付いていきました.まぁガジェット好きな私と行って何か契約やらなんやらで困ったことにならないように保険的な意味合いだったと思う.ちょっと話しは戻り,…

自然エネルギー全量買い取り制度(筆者の思うとこ)

3回ほど連続で自然エネルギー全量買い取り制度をやりました.1.概要2.経済負担3.目指すべき将来じゃ,筆者の考えはどうなの?ってことです.私の考えとして1.自然エネルギーの普及は進めていくべき2.目的を明確にする3.目的にあった手法を取る…

自然エネルギー全量買取制度(目指したい将来)

ちょっと期間が空きましたが自然エネルギー全量買い取り制度の連続シリーズ3回目今回は前回最後に書いた「経済的な犠牲のもとで何を得たいか」です.まずは,その根拠法である「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」では目…

自然エネルギー全量買取制度(経済的な面)

自然エネルギー全量買取制度は前回の記事で概要を書きました。ざっくりいえば、自然エネルギー普及させたいけど発電するのに金かかりすぎるから、それ以上の金額で電力会社買い取ってねそれにかかったコストは需要者に転換できるよという話です。もっとざっ…

自然エネルギー全量買取制度1(概要)

再生可能エネの買い取り価格を決定 太陽光1キロワット時42円(日経新聞 2012/4/27)こんなニュースが紙面を賑わしているので多くの人が知ることなのかと思います概要発電方法:買取価格(買取年数)太陽光:42円/Wh(20年*家庭用は15年)風力:23.1~57.75円/Wh(20年…

環境問題における村意識

曲がりなりにも私は環境問題に携わり6年目になる.その中で,現在の環境問題の取り組みにおける問題点を幾つか考えてきたその一つが「村意識」である恐らくこれは「環境問題」だけではないが私が思っている村意識とは・似た意見を持つものが集まり考えが硬直…

就活を終えて

結構早い時に就活終わってましたがそろそろ隠す必要がないかなって思いブログ再開と共に就職先が決まりましたよというご報告結論から言えば,ほぼ納得している結果なので満足です.来年からはこれまでと同じように研究に身を捧げる事になりますただ研究をし…

2011年のまとめ

最近,ブログ更新してませんでしたがうんちく的な事ではなくて私事のまとめをします2011年はサークルの同期と迎えました日の出海岸もなつかしい思い出になりますね今年も同期で年越し会やるみたいですが,私は実家でぬくぬくです.やったことは研究・・・・…

飯田哲也講演会の感想

2011/10/5 にて慶應義塾大学の日吉キャンパスで飯田哲也氏の講演会があった.twitter上で散々非難している人物なので一度ぐらいは話しを聞かないとと思っていたのでいい機会でした(主催が憲法9条の会ってのが気になりますが)まず飯田哲也氏の紹介です(wiki…

国際会議 in Boston (観光&うんちく編)

そろそろ半月です.その間に色々ありました・・・いろいろww私ごとでは謹慎くらって今は研究室NEETですという事で以前書くと言った観光編国際会議の楽しさといえば観光です.むしろその為に行ってきたような物です.ボストンはアメリカのマサチューセッツ…

初の国際学会を終えて(国際会議編)

おはようございます.先日,日本に帰国してJet Lagがひどくて全く眠れませんでした.しかし本日から普通の研究生活に戻るので徹夜?して向かいます.では,初の国際学会...他の人に指摘されましたが国際会議と言ったほうが正しいのかも知れません.Intern…

国際学会への準備2(心持ち&現地通信編)

前回の更新からちょっと時間が経ってしまいました.夕方から買い出しに行こうかと思ったけど豪雨なので諦めです このブログを読んでくれている友達に言われたのですが,どこの学会に行くか書けばいいじゃんと言われたので,晒しちゃいます.学会としてはIEEE…

国際学会への準備1

この度,M1ながら国際学会に行く事になりました.しかも適当な国際学会じゃなくて,一応電気学会では一番でかいのに行くことになりました.ちなみに私の研究は医工学なのですが,電気関係あるので出してみたら通ってしましましたとても緊張しています.恐ら…

発電・送電事業の分離(3)-スマートグリッド

私ごとですが,国際学会にacceptされたりしてなかなか時間に追われる生活を続けています.これから就職活動などもしなければならないなどなかなかえげつないですね. 前回からかなり時間が空いてしまいましたが今更ながら続きを更新です.前回の最後にスマー…

発電・送電事業の分離(3)-メリットの検証2-

他のブログに紹介されてトラフィックが急増してびっくりしました.ありがたいのですが,稚拙な文章で申し訳ないです.前々回,前回では概要とそのメリットについての考察(前半:特に市場原理に寄る電気代金の値下がり)についてやりました.前回はテンション…

発電・送電事業の分離(2)

前回は発送電事業の分離について「概要」を説明しました.今回は「一般的にあるメリットの妥当性」についてです.では前回のおさらいで「一般的な主張にあるメリットです」【メリット】・自由競争による電気料金の値下げ(日本の電気料金は世界一高い)・再生…

発電・送電事業の分離(1)-概要

東電が大変な事になり中電も無用な損害を受けている気がしなくもない今日この頃最近「発電・送電」事業の分離について盛んに取り上げられています.それとセットで地域独占の電力会社の体制改革も叫ばれています.mixiやBlogなどでは玉虫色の話しですが本当…

科学技術論(リスクマネジメント2)

前回はリスクマネジメントの中のリスク分析について考えました.今回はリスクマネジメントの中のリスク管理について考えてみます.特にリスク管理のプロセスの中のリスクアセスメントにフォーカスを当ててみます.【リスクアセスメント】リスクの大きさを評…

科学技術論(リスクマネジメント1)

最近,ようやく自分がどんな事が合っているのかわかり初めて来ました.結局エンジニア気質ってのは変わりません.しかしプラスしてアントレプレナーとしても出来たらと思います. 恐らく3年生の時みたいにショットガンのように外銀うけて選考辞退とかコンサ…

科学技術論(はやぶさ編)

本日,私の大学でJAXAのはやぶさプロジェクトのプロジェクトリーダーである川口淳一郎さんの講演会がありました.はやぶさは知っている人も多いでしょうが幾多の困難を超えて地球へイトカワの岩石サンプルを持ってきました.そのあたりの事はwikipediaやニコ…

IPアドレス枯渇

ついにIPアドレスの枯渇が近づいてきました.石油みたいにある「なくなるなくなる詐欺」ではなくてほんとに枯渇です. http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A9C93819499E0EAE2E2838DE0EAE2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E…

放射線が人体に与える影響(3)

研究室の研究提案などてんてこ舞い状態から一服まだまだ2年は長いと思いつつ出来ることはやろうと思う毎日です。今回は「放射線はつまるところ安全か?」について書こうと思います。ちなみに私の情報のソースは放射線生理学などの医学方面からなので現在のセ…

放射線が人体に与える影響(2)

こんばんわ昨日(1)って書いたのでその(2)を書きます.昨日は1.放射線は細胞異常をきたす2.遺伝子異常は癌を誘発する3.内部被曝と外部被ばくについて話しました.では早速続きを書いていきます.4.癌以外の放射線が誘発する障害放射線は癌以外に人体に対して…

放射線が人体に与える影響(1)

そういえば,ブログをリニューアルしてから全く編集してないなw私は研究で癌についてやっており,特に放射線療法に直結する内容を研究してます.まだまだひよっこの知識から放射線が与える人体への影響を整理してみた.1.放射線は細胞異常をきたすこれは…

趣向を変えたブログで

以前までは,自分の備忘録や恋愛沙汰など恥ずかしい事を色々と書いていたそういうチラ裏ブログも悪いとは思わないがせっかくアカデミックな事をしているのに誰でも書け,誰も興味がない内容ではなくもう少し頭を使った内容を書いていこうと思いますこれから…